スポンサーリンク
円相場

アプロ君のここに注目;どこまで進む円安

昨今の円安に歯止めがかからない状況にあるのですが、日米間の金利差だけでなく経常収支の構造変化による円安圧力が強まっていることを分析し、今後の見通しとして中長期的に円安傾向が続くことと、当面としては1ドル=170円台を展望する展開になる公算が強いことを確認します。
経済

アプロ君のここに注目;下がり続ける実質賃金、何が問題?

昨今の物価上昇のもとで、実質賃金の減少が目立ちますが、名目賃金が上昇するも実質賃金の減少傾向が続いている現状をまとめ、その原因と背景について「GDPデフレーター」にスポットをあてて切り込んでみます。
経済

アプロ君のここに注目;6月からの定額減税、ここがポイント

6月から実施される今回の定額減税の中身とその仕組みについてわかりやすくまとめ、定額減税の経済的効果を探ってみます。
経済

アプロ君のいちからわかる経済教室;資本とは何か

資本主義社会という名のごとく、現代社会は資本が支配する社会と言えますが、一体、資本とは何か、如何にして貨幣は資本たりうるのか、その仕組みと秘密について掘り下げてみます。
経済

アプロ君のいちからわかる経済教室;おカネとその役割

私たちの生活においておカネ(貨幣)は欠かせないということは言うまでもありませんが、おカネとは一体何か、それは私たちの生活においてどんな役割をしているのかについて意外とわかってないところがあります。そこで、今回はそのおカネとその役割についてわかりやすくまとめてみたいと思います。
経済

アプロ君のいちからわかる経済教室;価格とは何か

商品経済といわれる現代社会において、人々の商品交換は如何にして行われているのか、その基本原理である商品の価格についてまとめてみます。価格とは何か、それは如何にして決まるのかについて探ってみたいと思います。
円相場

アプロ君のここに注目;「利上げ」にも止まらぬ円安、何故?

日銀は17年ぶりに「マイナス金利政策」などの異次元金融緩和を見直しを決定したのですが、それにもかかわらず円安はとどまるどころか一層加速する様相をみせており、てついに34年ぶりに1ドル=154円台に突入しました。「利上げ」下での円安進行の原因とその影響についてまとめます。
年金

アプロ君のここに注目;4月からの年金、実質減額をどう見る?

昨今の賃上げや日銀の利上げの中、年金改革により4月1日から年金制度が変わろうとしているのですが、実質減額になることについて反感も出ているようです。そこで、年金がどう変わるのか、その中身を紐解き年金受給者に与える影響や、それが社会全体の消費動向にきたす悪影響についてまとめてみます。
物価

アプロ君のここに注目;インフレとデフレ、今はどっち?

日本経済はバブル崩壊後の90年代後半から、長らくデフレ経済からの脱却を目指してあらゆる手段を講じてきたのですが、なかなかその目標を達成出来ず、「失われた20」や「失われた30年」とも言われています。ここへ来て、消費者物価などの指標はインフレへ転換しつつあるようなイメージを与えているのですが、現在の日本経済はインフレなのかデフレなのかを検証してみたいと思います。
企業動向

アプロ君のここに注目;急増する企業倒産

年明け以来の株価の高騰はついにバブル期の最高値を更新したのですが、その裏では企業倒産が急増している現実をどうみるのかについて関心を呼んでいます。実体経済を反映していない今の株価の高騰について、バブルの様相をみせているのではと懸念の声が高まってきている中での企業倒産動向はそれを裏付けているように思えます。ブログでは企業倒産が急増している実態にせまり、どうみるかについて私見をまとめてみます。
スポンサーリンク