うがいの予防効果、科学的根拠がないって本当?

昨今、新型コロナの感染予防として「三密」を避けることや手洗い、うがい、マスクの着用などが強調されて久しいのですが、先日とあるテレビ番組でうがいの感染予防効果について、科学的根拠がないという専門医たちの発言がちょっとした話題になっているようです。

新型コロナウイルスや風邪の予防にとって、うがいは不可避なことのように思われてきたように認識してきたのですが、今さらというような気がしてならないですよね。

しかし、実は世界保健機構(WHO)では新型コロナウイルス対策で、うがいについては予防効果がはっきりとは明記されていないのです。
調べてみると、日本の厚生労働省でも同じ見解のようです。

そもそも、ウイルスはのどや鼻の中などの上気道に入ると、すぐに細胞の中に入るため、うがいをしても、のどからウイルスを除去しきれるわけではないというのです。

しかし、普通の風邪に対しては一定の予防効果があるという調査研究がなくはないみたいですよ。

とある研究チームの調査によると、「1日3回の水うがい」、「うがい薬を使ったうがい」、「うがいをしない」の3つのグループに分けて2ヶ月間にかけて調査をしたところ、「水うがい」が一番風邪をひきにくかったという調査結果が得られたそうです。

なぜ、「水うがい」が風邪をひきにくくするかについては、まだはっきりした理由はわかってないらしいですが、「水うがい」を毎日の習慣にすることが、風邪予防には一定の効果があるということは確かなようです。

このことは、私自身の経験からも感じているのです。
私は、毎朝起きるとまず「水うがい」をすることを習慣付けています。
もう10年以上になりますが、そのせいなのか風邪をひくことが無くなりましたね。

冗談のように思えるかもしれませんが、実は数年前の冬に家族全員がインフルエンザにかかった時があったのですが、唯一私だけがかからなかったのです。
勿論、予防接種をしたわけでもないですよ。
「水うがい」がその要因だと100%言い切れるわけではないですが、大きく作用していることには間違いないと確信しているのですよね。

新型コロナに対しての予防効果はないかもしれないですが、うがいは手間がかかるわけでもないので、「水うがい」を習慣つけて損することはないと思いますね。
冬の季節を迎えて風邪予防に決して無駄なことではないと信じています。

是非試してみてはどうでしょうか。

Follow me!

健康

Posted by apurokun